読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダンプダンプダンプ

知っていること、覚えたこと、思いついたことを頭から出すための備忘録。

20170414 「尾羽打ち枯らす」

メモだけ。

 

尾羽打ち枯らす(おちぶれること)

苛性ソーダ

サクシニルコリン

嘘喰い

四谷怪談

日比谷公園

20170413 「氷穴、風穴」ほか

メモだけ。

 

氷穴、風穴

ノスタルジー

白金高輪、しろかねたかなわ

お日様の匂い

宅配便のサイン

20170412 「ルパン三世のテーマ」+4

ルパン三世のテーマ

作曲は大野雄二(きのこの山たけのこの里のCMソングなども手掛けた人)。言わずと知れたかっこいいジャズ曲。歌詞が存在することを初めて知った。

最初はただのインスト曲だったが、人気が上昇するとともに歌詞が付けられたらしい。

 

歌うのはピートマック・ジュニア(藤原喜久男)。

 

サビは

"男には自分の世界がある たとえるなら空をかけるひとすじのながれ星"

 

かーっこいー!

 

 

競艇場

日本に24か所ある。北海道、東北、北陸地方にはない。

ちなみに競輪場は全国に43か所、競馬場は中央競馬場が10か所、地方競馬場が15か所。

 

 

マスコミ4媒体

マスコミュニケーションに使われる主な広告媒体4つ。

「テレビ」「ラジオ」「新聞」「雑誌」

最近はインターネットの台頭によりこの四天王の絶対的優位が揺らいでいる。

 

 

ラブデリック(LOVEdeLIC)

スーパーマリオRPG」の制作メンバーらが設立したゲームブランド(会社)。

ラブデリックが作ったゲームは

1、「moon」, 1997年, PS

2、「UFO -A day in the life-」, 1998年, PS

3、「L.O.L ~LACK OF LOVE~」, 2000年, DC

 

3作目を作った後ラブデリックは以下の3社に分裂。

バンプール  ...「UFO」チーム中心。1999年設立(分裂前?)。

・スキップ   ...「L.O.L」チーム中心。2001年設立。

パンチライン ...2002年設立。現在活動休止中?

 

それぞれの会社が作るゲームはラブデリック時代の独特な特徴・世界観を持っている。

その様、傾向は「ラブデリック系」と呼ばれる。

ラブデリック系の特徴としては、

ラブデリックが制作、もしくはラブデリック出身のスタッフが制作陣にいる。
・テーマに割と異色な題材を採り上げる。
・登場キャラクターの会話では、既存言語の音声を切り貼りしてミックスさせた内容不明の音声に字幕スーパーが付く(西健一曰く通称ハナモゲラ語)。
・所謂「戦闘」という物があまり無く、あってもゲームの主軸としていない事が多い。

・会話等に、ブラックユーモアを含んだ社会風刺や皮肉、パロディが多い。

・ゲーム内時間があり、その時間に沿って登場キャラクターが生活している。

 (引用:ラブデリック - Wikipedia

 

実際私がプレイしたことがあるのは「ギフトピア」「ちびロボ!」。

ギフトピアは小学生の時プレイしたけど本当に面白かった。ストーリーが捻っていて大人向けであり、キャラデザも効果音も好きだった。

 

死ぬまでにラブデリック時代の3作と「RULE of ROSE」をプレイしてみたい。

 

もしくはこれらと似たような雰囲気のゲームをプレイしたい。

 

 

蒼のエーテル

マクロスFのランカの持ち歌。ゆっくりボイスでカバーしたものがなかなか良かった。

 

20170411 「身体知」ほかメモ

今日覚えたことだけ箇条書きメモ。

 

身体知 

アストロバイオロジー

ハビタブルゾーン
ケプラー計画

tess
エウロパ 氷衛星

大きな惑星の衛星は潮汐摩擦で熱が生じ、氷が溶けることがある

38億年前の火星
水が存在していた
海ができたのは火星の方が先の可能性がある
生命は火星からやってきた?

バイキング計画 1975年?
火星の北極 水の氷で覆われている

JAXA メロス計画
蛍光顕微鏡
火星の土壌を蛍光染色

エンセラドス

エアロゲルを利用した有機物(ペプチド)捕獲
ガラスの結晶
秒速4キロメートル

タイタン
パブリックアウトリーチ

不活性生命

パンスペルミア

タンポポ計画

cahsタンパク質
sahs
mahs
dsup

 

20170410 「シェアリングエコノミー」「いま日本には何人の医師がいるのか」

シェアリングエコノミー

個人が持っている眠っている(活用されていない)ものを他人とシェアできるようにするサービス。アメリカが発祥。

 

例:

UBER(ウーバー)... スマホハイヤーを呼べるサービス。UBERに登録したドライバーが自家用車または専用の自動車で客を運べる。法律に引っかかる点があるからか、すんなり日本に馴染まなかった印象を受ける。

airbnb(エアビーアンドビー)...世界中の空き部屋などを宿泊施設に利用できるサービス。部屋を貸す「ホスト」と利用者である「ゲスト」でサービスが成り立っている。

 

本社はどちらもアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ 。アメリカではかなり勢いのあるサービスらしい。

UBERの方はタクシー業界に睨まれそうな気がするけどどうなのだろう。

登録していない車(自家用車)を使用して人を運ぶのは違法という話を聞いたことがあるので日本でUBERが盛り上がるには、登録車を使うしかない気がする。

とすると、「空いた時間に自家用車に乗ってお金を稼げる」というドライバーへの売り文句が使えなくなるのではないか。日本でこのサービスが大流行するのは難しいのかも…。

 
いま日本には何人の医師がいるのか

 医療系の会社の話を聞いて気になったので調べてみた。厚生労働省で調査した平成26年度のデータを引用してメモしておく。

 

以下一部抜粋

・医者総数 311,205

…男性 247,701(全体の79.6%)

…女性 63,504(全体の20.4%)

 

・医療施設の従事者 296,845(全体の95.4%)

・介護老人保健施設の従事者 3,230(全体の1.0%)

・上記以外の従事者<研究機関の医師や産業医> 8,576(全体の2.8%)

・それ以外 2,554(全体の0.8%)

 

企業で従業員の健康管理を行う「産業医」という存在があるらしいが、恥ずかしながら今日初めて知った。平成26年は994人いるらしい。ある程度大きな事業規模になると会社に産業医を置くことが義務付けられているみたいだけど、この人数だと産業医を置いていない所もあるんだろうなあ。

 

見たところ2年おきに統計を取っているみたいだし、平成28年の統計もそろそろ出るかな。個人的に女医の増加率と産業医の増加率が気になる。

 

引用元:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/14/dl/kekka_1.pdf

20170409 「三年峠」+6

 三年峠

 「三年峠で転んだものは、残り三年しか生きられぬ」という伝承の峠で転んでしまったお爺さんが、何回も転ぶことで+3年+3年+…というように残りの寿命を延ばしていき、死の呪いを断ち切ったという昔話。

小学校の国語で多くの人が学ぶと思われるが、これについてこの前友達と話した。

友達曰く、「これ、寿命が+3年されてるんじゃなくて”残り3年の命”が更新され続けてるだけじゃないの?」と。確かにそっちの方が納得。

その場合ならお爺さんは転んでから2年300日くらい経ったあたりを目途にまた転びに行けばいい。その方が身体に優しい。

 

 

米をお湯で研いではいけない

 お湯で米を研ぐとお米の風味が落ちる。

理由はいくつかあるらしい。今度調べる。

 

 

コネクト/ClariS

家の中で何となく口ずさんでいた、懐かしい。ClariS解散(卒業?)したと思っていたけどまだ現役だった。アリスが卒業して新しくカレンという子が入り、レーベルが変わったみたい。

 

 

まどか☆マギカ

まどかマギカ」と入力して変換を行うとMicrosoft IMEが勝手に☆を挿入して「まどか☆マギカ」にしてくれることに今気付いた。

ためしてみたら、つんく”♂”、モーニング娘”。”、ゲスの極み乙女”。”などは勝手に変換できた。

つのだ☆ひろ藤岡弘、、などの変換には失敗した。

 

 

名前のない怪物/EGOIST

 アニメ「PSHYCO-PASS」の主題歌。これも朝何となく口ずさんでいた。

名前のない怪物というと、真っ先に思い出すのは中学生の時に観た浦沢直樹の「MONSTER」にでてきた絵本。あれを知った後にこの楽曲を聴いたから、歌の途中であの絵本の不気味な絵を思い出して怖かった覚えがある。

  

 
【怪談】怖い話朗読【ゆっくり】

最近ゆっくり系の読み上げ動画にはまっている。この怪談動画は有名らしいけど知らなかった。
怖い話は大好物だから、聴いた怪談を全部分類したりして遊んでみたい。 

どういう点が怖いのか、似たような形式・オチの怪談はいくつあるのかを分析するのは楽しそう。

 

 

ミッケ!

上のゆっくり怪談を観ていたら、絵本「ミッケ!」に出てきたジオラマっぽい背景が出てきて、急に思い出した。

ウォーリーを探せのオシャレ版と勝手に自分で呼んでいたけど、私が子供の頃はとにかく皆これが大好きだった。

というか、ある程度大きくなってからもファンは多かったと思う。私も、大学受験の勉強に疲れた時は何となく読んでいたことがある。

調べてみたら、こういう本のことを視覚探索絵本というらしい。

好きな本は何ですか?って聞かれたら「視覚探索絵本!」と堂々と答えられる大人になりたい。

 

このブログについて

はじめまして、u_tangentと申します。

 

最近、多すぎるインプットにより頭がごちゃごちゃすることが多いので、それを整理する(ブレインダンプする)用のブログを作りました。

基本的には自分のための備忘録やアイデア帳のように使っていきます。

 

でも有益か否かに関わらず知っていることや覚えたことをシェアしたがる質なので、これがどこかの誰かの役に立てば嬉しいです。

 

最終的には分かりやすく、伝わる文章を量産できるようになることが目標ですが、とりあえずは毎日気楽に続けていきたいです。